サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

06 | 2017/07 | 08
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜F・マリノスVS浦和レッズ
Category: サッカー観戦記   1 Comments   0 Trackbacks  

上位対決は横浜が完勝に近い内容で浦和相手に3ー0で勝ちました。

横浜は守備をベースにボールを奪ったらサイドを突いたり、激しいチャージングで相手のミスを誘い中村俊輔とマルキーニョスの高い個人技で仕掛けたので効果的な攻撃ができました。ボールを奪ったらサイドバッグ、二列目が動き出しているので、トップスピードでボールを貰えているから相手より早く判断が出来るので、連動したサッカーをしていました。走力もあるし対人プレーで勝っているから個人とチーム力がバランス良く融合したサッカーをしました。守備でも浦和の単調な攻撃に対人プレーで負けることもなく、GK榎本のファインセーブもあり無失点で切り抜け、大人のサッカーが漂う独自なサッカーを展開しました。

浦和はボールポセッションをしていても厚みのある攻撃が出来ておらず、仕掛ける部分も少ないため足元ばかりのパスばかりになり、効果的な攻撃が極端に少なかったです。ボールを持っていても横浜の早いプレスにボールを失ったり、パスミスをしたり良いサッカーをしようという気持ちは伝わるけど、それ以外は何もないですね。守備は対人プレーに弱く、サイドの裏をガンガン取られてしまい、一対一の場面で競り負けており巧者の横浜に翻弄されました。組織的にも緩慢なプレーが目立ち、ペトロヴィッチ監督の限界が見えました。良い監督だけど勝てる監督ではないなと思いました。先制点を許した直後に2失点目が入ったので、そこでの修正力の無さと2失点目がこの試合のポイントだったと思います。

試合評価6.5F・マリノスの大人のサッカーは今後日本サッカーの一つの方向性となるでしょう。MVP中村俊輔。今の彼なら代表でもいける。MDP那須1失点目のミス、2失点目のポジショニングの悪さは顕著。
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

中国代表と引き分け
Category: サッカー批評   0 Comments   0 Trackbacks  

日本代表が中国代表に引き分けたが、先制点が決まった時に3-1にはなると宣言していただけに、そのスコアになった時はどや顔していました。ザッケローニ監督は試合を勝って終える事を忘れたのか?不運もあるが選手交代直後に失点をしてしまいました。個人レベルでは柿谷、森重、西川ぐらいしか及第点を与えれる選手かなという感じで、寄せ集めの良さ、悪さがハッキリ出ていました。

中国のフィジカル、高さを活かしたサッカーに対応出来ていなかったし、DFがPK二発に絡む最悪な結果に終わってしまいました。Jリーグ選抜に近い日本代表は考えてみればクラブとしてアジアでは結果を残せていないから、妥当な結果だと思い始めた。クラブと代表はもちろん違うが、今のJリーグのチームで柏しかACLの決勝トーナメントに出ていないから、今回かなりヤバイ結果になるかもしれない。札幌にベトナムの英雄と言われているレ・コン・ビンの加入が決まった。東南アジアではJリーグは憧れのリーグなのです。そんな素晴らしい選手にJリーグはたいしたことないと思って欲しくない。代表戦を見ているとJリーグかわ憧れの存在になるのか疑問だ。今回の引き分けは代表、Jリーグに手痛い提言をしているように思えた。

テーマ : サッカー日本代表    ジャンル : スポーツ

横浜ベイスターズVS東京ヤクルトスワローズ
Category: その他スポーツ   0 Comments   0 Trackbacks  

ベイスターズ小林、スワローズ八木が先発だったので乱打戦になるかと思っていたら意外と投手戦となりました。スワローズが八木のタイムリーで先制すると小林は見事に崩れしまい、その裏では八木が崩れて失点をしているので、互いにそれを乗り越えないといけないですね。八木は中日の今中を彷彿させる投球術で巧みなピッチングをしていただけに残念です。更に残念なのはスワローズの石山でした。一点リードしている状況で初球ヒットを許し、モーガンにはホームランを打たれあっさり逆転されました。最後はソーサが抑えベイスターズ見事逆転勝利。何とも言えない試合でした。

テーマ : 横浜ベイスターズ    ジャンル : スポーツ

サッカーダイジェスト
Category: スタジアム、グッズ   0 Comments   0 Trackbacks  

昨日発売のサッカーダイジェストにSC相模原の記事が載っております。以前一緒に仕事をしていた方が相模原のサポーターでスタジアムに偶然知り合いのサッカー記者が居たので、その方を紹介して取材された記事が掲載されています。56ページに書いてある「共通の知人」は私の事です。知人が知人を呼んで記事になった偶然性には驚きました。良かったら読んでみて下さい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

ベテラン待望論
Category: サッカー批評   0 Comments   0 Trackbacks  

コンフェデが終わってから現役選手、関係者、ネット上でベテラン選手の待望論が沸き起こっています。名前が挙がっている闘莉王、中澤、楢崎は守備的な選手であり、吉田や川島の不調が物語っています。私も昨年闘莉王、楢崎の必要性を書きましたが、今は必要ないです。二人のパフォーマンスが昨年と比べて悪いし、名古屋が低迷している理由の一つだから現在のレベルならどうかなとおもいます。GKなら大宮の北野、清水の林だって悪くないです。守備を考えれば柏の鈴木、浦和の那須、鹿島の岩政、甲府の青山がセンターバックとして良いですね。中盤は浦和の阿部、柏木、東京の米本、前線なら鳥栖の豊田、川崎の大久保を呼んで欲しいですね。

一番懸念されるのは遠藤の代わりが居ない事だと思います。若手のホープとして鹿島の柴崎は良いと思いますが、代表では未知数であり、ブラジル大会終了後には主力になっていると思います。あと一年で遠藤の代わりは難しい。ただ一人だけそれを出来る選手が居ます。今年のパフォーマンスは素晴らしいし、遠藤の武器である正確なキック、サッカーセンスは同レベル、ベテランのカリスマもある日本人…中村俊輔。今の代表をワンランク大人にさせられるし、Jリーグのパフォーマンスはここ数年では最高だし、ファンタジスタではなくゲームを組み立てる中盤としては日本人トップレベルは間違いないです。オーストラリアリーグで活躍している小野伸二だって今のコンディションなら呼ぶべきでしょう。闘莉王、楢崎のコンディションが良ければ必要性を感じるが、現段階で一番必要なのは遠藤のバックアップでしょう。

テーマ : サッカー日本代表    ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。