サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

08 | 2017/09 | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜F・マリノスVS浦和レッズ
Category: サッカー観戦記   1 Comments   0 Trackbacks  

上位対決は横浜が完勝に近い内容で浦和相手に3ー0で勝ちました。

横浜は守備をベースにボールを奪ったらサイドを突いたり、激しいチャージングで相手のミスを誘い中村俊輔とマルキーニョスの高い個人技で仕掛けたので効果的な攻撃ができました。ボールを奪ったらサイドバッグ、二列目が動き出しているので、トップスピードでボールを貰えているから相手より早く判断が出来るので、連動したサッカーをしていました。走力もあるし対人プレーで勝っているから個人とチーム力がバランス良く融合したサッカーをしました。守備でも浦和の単調な攻撃に対人プレーで負けることもなく、GK榎本のファインセーブもあり無失点で切り抜け、大人のサッカーが漂う独自なサッカーを展開しました。

浦和はボールポセッションをしていても厚みのある攻撃が出来ておらず、仕掛ける部分も少ないため足元ばかりのパスばかりになり、効果的な攻撃が極端に少なかったです。ボールを持っていても横浜の早いプレスにボールを失ったり、パスミスをしたり良いサッカーをしようという気持ちは伝わるけど、それ以外は何もないですね。守備は対人プレーに弱く、サイドの裏をガンガン取られてしまい、一対一の場面で競り負けており巧者の横浜に翻弄されました。組織的にも緩慢なプレーが目立ち、ペトロヴィッチ監督の限界が見えました。良い監督だけど勝てる監督ではないなと思いました。先制点を許した直後に2失点目が入ったので、そこでの修正力の無さと2失点目がこの試合のポイントだったと思います。

試合評価6.5F・マリノスの大人のサッカーは今後日本サッカーの一つの方向性となるでしょう。MVP中村俊輔。今の彼なら代表でもいける。MDP那須1失点目のミス、2失点目のポジショニングの悪さは顕著。
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

ヴァンフォーレ甲府VS浦和レッズ
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

お客さんが甲府のスポンサーなので、チケットを貰って職場の仲間五人と観に行きました。甲府は城福監督が不在でしたが、ベテランの伊東を起用してチーム力の差を埋めましたが、最後は力負けして残念ながら0-1で敗れました。

負けた甲府は粘り強く守り浦和にチャンスを作らせず、チーム全体で守り特に土屋、青山の両センターバックが原口や興梠に対応をしていましたが、クリアをするのが精一杯で守備から攻撃へのシフトがスムーズではないから、ゲームを組み立てる事も出来ず後半に何回かカウンター攻撃がありましたが、個人で打開を出来る選手が居ないから、ボールのタッチが増えてしまい、直線的なプレーが少ないから浦和が陣形を整えしっかり守られてしまいました。本来はボールを繋いで崩したいのでしょうが現実はカウンター攻撃が効果的だったから理想と現実の狭間に苦しんだ試合だと思います。

浦和は最初相手にしっかり守られてしまいましたが、原口のドリブルや梅崎のクロスを何度もチャレンジした結果がゴールに結びついたと思います。最終ラインで阿部、中盤で柏木がゲームを組み立てられるからチャレンジ出来ています。先制点を奪ってから試合を決定づけるゴールを決められなかったから、手放しで称賛は出来ませんが、攻守のバランスと先手の選手交代が効果的でした。浦和の場合は選手交代をしても下手したら先発以上の実力者が居るから、疲れた時間帯でのマルシオ、宇賀神は相手にすればキツいですね。阿部と最終ラインの関係性が良いから、守備が数的不利になっても柏木を下げさせるなど高度な戦術を理解して守れていました。

試合評価6・0。甲府の粘りは見事だったが、浦和の実力がそれを上回りました。MVP攻守に活躍した那須。MDP攻撃の核になれなかった平本。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

SC相模原VSカマタマーレ讃岐
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

首位を走る讃岐を迎え相模原の真価が問われる一戦は残念ながら組織だった讃岐に0-1で敗れました。相模原はポセッションを高めてボール保持をしながら技術で相手を崩すチームだり、対戦相手の讃岐は前線の木島のスピード、西野のキープ力、外人選手のフィジカルプレー、右サイドバックの駆け上がりを中心に攻め、その特徴を生かすためロングボールとセカンドボールをどれだけ拾うかがポイントのチームなので真逆な対照的な戦いでした。

ただ讃岐は堅い守備をベースに攻撃を組み立てており、相模原はボール回しをするも、ミスパスを狙われるなど苦しい展開でした。後半ビックチャンスを掴むも決めきれず、相模原に退場者が出た直後のセットプレーで決められてしまい0-1で負けました。チャンスを掴んで決められなかった相模原、味方の決定的なミスも救い最後に交代選手が決めた讃岐では組織的な部分での差を感じました。後半共に運動量が落ちていく中で後半ラスト10分をどうするかがJFLの戦いの焦点となるでしょう。

試合評価6・0。JFL上位チームとあって引き締まった試合でした。MVP何度も裏を取り、先制点に繋いだプレーをした木島。MDPレッドカードを貰い、そのプレーがゴールに結びついた枡田。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

横浜FCVSガイナーレ鳥取
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  
数日前に昨年まで横浜FCの強化部長を務めていた元日本代表選手が逮捕されるといショッキングなニュースがあり、サポーターは「仲間は仲間。三ッ沢で待っているぞ!!」とい温かい応援団幕を張り、チケットをばら撒いた事もあり下位チームの戦いに三ッ沢は11,000人も入りました。そんな中横浜FCがロスタイムに勝ち越しゴールを決めて劇的な幕切れとなり三ッ沢は湧きました。

勝った横浜は立ち上がりロングボールを多用して2トップの黒津と大久保がシャドーの動きをして13分にDFからのロングパスを大久保が上手くポジションを取り、相手に競り勝ってボールを収めてGKと一対一となり冷静に決めて先制。先制をしてからはボールロストが発生するリスクを抑え簡単にプレーをしてリードで前半を終えましたが、後半は互いに両サイドから攻めあいチャンスを作るが、シュートのタイミングが遅かったり余計なパスをして好機を潰す場面が見受けられ、2点目が遠のくとサイドから崩されラスト11分で同点にされ引き分けが濃厚と思われたロスタイムにスルーパスに反応した大久保が本日2点目を決めて勝ちました。チーム全体インターセプトする意識が強く、その点はボールを奪えていたからチームの意識が統一されていると思いましたが、その後の展開力が乏しく、ボールを失いたくないからバックパスが多く流れを断ち切ってしまう事が多かったです。相手の運動量が落ちてドリブル突破が増えてきましたが、ゴール前のアイデア不足も否めず下位に沈んでいるのはそこ部分でしょう。

負けた鳥取は横浜FCにも在籍していた元日本代表DF小村氏が監督となり、最近結果が出ているだけに注目をしていました。3バックを採用しており中盤に厚みがある割には守備が機能していない印象でした。神戸・松本といった強敵を完封勝ちした守備とは思えない初歩的なミスから失点をします。先制点も大久保と競り合った横竹がヘッドでボールを触ろうとしたのに、触れずGKと一対一の状況にしてしまいました。横浜同様前半はロングボールを中心に攻めましたが、動きに工夫がないため横浜DFにクリアされてしまい、チャンスらしいチャンスは作れませんでした、後半は一転してカウンターとサイド攻撃を中心にして、途中から吉野、岡本が入って流れも変わり同点に追いついたサイドの崩しは見事でした。岡本が前線で引搔きまわして相手を撹乱しましたが、横浜に最後決められ1-2で3連勝とはなりませんでした。ロングボールで攻めているのにセカンドボールが拾えず、逆に攻められるとクリアが精一杯だったので、次への展開に持っていくためのボールコントロールが出来ませんでした。

試合評価5・5。展開としては面白かったが内容に乏しくミスと選手が痛がる時間が多かったです。MVPは高い決定力と質の高い動きをした大久保。MDPは大事な場面で競り負けしかもクリアミスをした横竹。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

東京ヴェルディVS愛媛FC
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

oワールドカップ予選期間中なのでJ1は休みですが、J2は開催しているので味の素スタジアムへ行きましたが、いかにもJ2らしい試合で大事な場面でミスをしたり、質が低かったりしましたが、ヴェルディが実力差を見せつけ2-1で勝利をしました。

ヴェルディは前半の反省を生かしてワイドに展開し、スペースを使うようになってから攻撃にリズムが生まれ、ミドルシュートも出るようになり、そのミドルシュートのこぼれて球に反応した飯尾が決めてからヴェルディペースになり、高原の折り返しから常澤のアクロバティックなシュートも決まり、ベテランの高原、森、飯尾と若手の常澤、福井、中嶋が融合した面白いサッカーをしています。守備に関してはGK佐藤が前後半でビッグセーブをしてピンチを救い、若干不安定な守備でしたが価値あるセーブをしました。最後は力の差を見せましたが、まだ組織的な部分は未完成でありまだまだ課題が多いですね。

負けた愛媛は昨年より力のあるメンバーが入ってますが、逆に組織的な部分が落ちており局面は個人頼みになってしまい、相手に複数の選択肢があると簡単にやられる場面が見受けられました。守備に関してはある一定の守り方が出来ていますが、攻撃になるとボールを前に運べてもラストパスが雑になったり、シュートが枠を捉えられなかったり、枠に行っても相手のGKのファインセーブで防がれたりで全体的にチグハグな内容でした。ロスタイムにゴールを奪うのが精一杯でした。

試合評価5・5。凡戦は否めない内容でした。MVP前半にボレーシュートを防ぎ、後半もセーブを連発した佐藤。MDPはゴールに絡めなかった石井。

テーマ : 東京ヴェルディ1969    ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。