サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

10 | 2017/11 | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツ人GK
Category: GK、プレイヤー   0 Comments   0 Trackbacks  

ヨーロッパチャンピオンズリーグはドイツのグラブチーム同士の戦いとなり、バイエルン・ミュウヘンが12年振りに優勝しました。MVPはロッベンと言われていますが、私はGKのノイアーだと思います。前半不安定だったバイエルンを無失点で切り抜けたのが大きかったし、前半失点をしていたら更に単調なサッカーになっていたかもしれないと思います。特に足で防いだシュートは反応自体が素晴らしかったが、反応だけではなく足にしっかり当てた事が評価出来ます。ヘディングでボールを地面に叩きつかれると反応は出来ても防ぐポイントが限られてしまうから、触っても入ってしまったり、防いだシュートのこぼれ球を詰められたりするので難しいですが、それを足で弾いてコーナーキックに逃げたのは流石ですね。

ドルトムントのGKも果敢に前へ出てシュートコースを狭めて体に当てて防いだり、試合自体が面白かったけどGKとしてもハイレベルな試合を行っていました。ドイツ人GKの特徴はフォームがしっかりしており、しなやかなセーブをするので一番好きなスタイルです。毎回必ずワールドカップでは正GKが世界トップレベルのGKが守るから必ずチェックしますね。バイエルンが前回優勝した12年前は日本でも有名なオリバー・カーンが守っており、日本で初めて彼を観た時に派手なプレーはしないが、シュートの見極めやちょっとしたポジション取りが素晴らしかったので、声が出なかったですね。その前にレアル・マドリードにカーンの少し前にドイツ代表GKだったイルクナーも観ましたが、キレイなフォームだったので、基礎が全く違うなと感心しました。

自分のGKの原点はブレーメンのブルデンスキーとドイツ代表のシューマッハーなので今でもドイツGKを観るとしっかり見てしまいます。時代はドイツと言われていますが、内容がドイツ中心になってしまったら、サッカーはつまらない方向に行くかもしれないが、GKに関してはドイツ人GKを見るべきですね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

GKコーチ
Category: GK、プレイヤー   0 Comments   0 Trackbacks  

前回はGKを選んだ大半は短絡的な理由であると書きましたが、そこが日本人GKのまだまだな部分です。欧州では花形とも言われていますが、欧州と日本の大きな差はハード面です。簡単に言えば天然芝生で最初から恐怖心を取り除ける欧州と土のグランドか人工芝で怪我や火傷を考えてプレーする日本では最初から大きな差があります。ボールコントロールを大事にする風潮があり、確固たる信念を持っている指導者が増えましたが、GKという特殊なポジションには信念がなく、基本的な動作を教える事があってもポジショニングの修正やコーチングを教わるのが遅いですね。

私の友人が流通経済大学時代に現在清水GK林を取材した時にフィールド選手と同レベルのプレーを見て驚いたと言ってました。これからのGKに必要であるフィールド選手並の足技、正確なキックは必須でしょう。清水は林が来たために日本代表候補にも選ばれた事がある山本が神戸、控えの碓井は千葉へ移籍してしまいました。日本人GKはブラジル人GKコーチと相性が良いと思います。川口、楢崎、曽ケ端のベテラン勢は若い頃にブラジル人GKコーチと巡り合っているし、鹿島でGKをやっていた古川コーチはブラジルでサッカーを学び川崎時代に川島を教え、西川は大分時代にブラジル人監督になって試合に出れるようになったし、キックの仕方やGKとしての考え方は南米スタイルですね。

名門チームは別ですが、小中にも専門職であるGKコーチが就いて、天然芝ならレベルは上がってくるかもしれないです。そのせいかJリーグもだんだんユース出身のGKが増えてきた。GKの必要性を考えても良い時期にきた感じがしてきた。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

GKになる理由
Category: GK、プレイヤー   0 Comments   0 Trackbacks  

今号のナンバーという雑誌でGKを取り上げており、サッカーでは日本代表の西川、将来代表入りが期待される林、アイスホッケーとハンドボールのGKのインタビューを読みましたが、非常に興味深い記事でした。私もそうでしたがGKになった理由が短絡的だったからです。私自身は最初フィールドの選手ですが、上手い選手では無くサッカーに対する情熱は無いに等しかったです。転機は小学4年生の時にGKは居ましたが、コーチから「GKをやってみたい人は?」と言われ何人か手を挙げました。練習試合で正GK含めて数人出て一番評価されたのが自分でした。今でも覚えてますが評価されたのは相手と一対一になっても怖がらず飛び込んだ事でした。コーチがGK経験者だったから、そこを見抜いてくれ、恐怖心というのは教えて直るものではないと言われました。有難かった事は正GKになりたての練習試合でボロ負けになっても最後まで代えずに使ってくれた事です。

「上手くなりたい」はプレーの原点ですから、そこから研究を重ねてサッカー雑誌を購入したり、週に一度のダイヤモンドサッカーを細かく観たことによりただのサッカーマニアとなってしまいました。小学生ながら解説を聞いて戦術を覚えたりGKは何を求められているのかかなり参考にしました。キャプテン翼も影響を受けました。若島津より若林を崇拝しており、攻撃的で個性の強いGKより絶対的な守備力があるGKを好んだのでイギータやチラベルトが好きではないのはそう言った部分があり、マラドーナよりプラティニが好きなのはダイヤモンドサッカーでヨーロッパサッカーをずっと見ていて個人より組織的なサッカーが好きだったからでしょう。

話が反れてしまいましたが、小学4年の途中から5年の試合にも出れるようになり多分サッカー人生ピークの時でしょう。GKになりたくてなった訳ではないが、上級生のシュートを防げるようになり自分の存在価値を高められたから楽しくてしょうがなかったです。反応の速さも大事だが、ポジショニングと間合いが大事だなと思いました。転校しないで横浜に残っていたら、どれ位の選手になっていたかなと思っていましたが、川口能活の小学生、中学生時代の映像を見て「こりゃ無理だ」と悟り、どうにしろ今に行き着いていたと思います。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

若年GK
Category: GK、プレイヤー   0 Comments   0 Trackbacks  

高校サッカーを観ているとDFとGKの連携やGKのミス絡みのゴールが多いですね。数年前にも同じ事を書いてますが、数年経ってもレベルは変わっていないなと思いました。ただ高校生は若いし、圧倒的に経験値が低いので普段からメニューにある練習は出来ても、連携や飛び出しは経験や感覚、GKに与えられる情報を整理する事が大切になります。例えばゴール前への侵入経路、スペースの突き方、フィニッシュに持ち込む前の連携、セットプレー、得意とするフィニッシュのパターン、PKの癖挙げたらキリが無いが本来ならそれだけの情報が必要になります。

初めて一緒に組むDFや普段一緒にプレーをしない人達とプレーをする時に一番大切なのは安心感を与えることです。コーチングとスペースのカバーリング、キックが基本として大事であり、セービングの技術が高いかどうかは最初から大事ではないです。キックの精度は昔と比べれば比べ物にならないぐらい巧くなっていますが、やはりユース世代のGKは毎日練習している事に対しては力を出せていますが、判断を求められるプレーに関してはまだまだなので若くて素質あるGKは我慢しながら使う事も大切です。FC東京の権田が良い例であり出場当初は不安定なプレーをしていたが、出場経験を積んでいくうちにプレーに磨きがかかり若いが日本代表に選ばれるレベルまでになりました。

どこのポジションにも試合出場は必要ですが、GKに関してはそれが顕著に出ます。特に22~27歳の間にどれだけ経験値を積めるかでしょう。30歳以上になってGKの真価は問われます。青森山田のGKはPK戦で有名になりましたが、大事なのはそこではなく単に分かりやすいプレーを取り上げるのではなく、正しい評価と目が若い世代には大切だ。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

GKの今後
Category: GK、プレイヤー   0 Comments   0 Trackbacks  

クラブワールドカップで2試合ですが4人のGKを観ましたが、残念ながら日本人GKがまだ世界で活躍するのは時間がかかるなと思いました。以前サッカーライターとも会話をした事がありますが、戦術やボールコントロール含めテクニックは語れても日本はGKに対する理解と意識が低いと話した事がありました。サッカーライターも含めGKの事はもっと勉強すべきだと言った事があります。

特に決勝戦が顕著でしたが、チェルシーのツェフ、コリンチャンスのカッシオの二人はフィードの質が高いです。キックは距離も出るし、フィールドプレーヤーの次の展開を考えた場所に出すし、スローインもトラップしやすい場所に出しており、GKが攻撃の第一歩の役割を担っていました。4年前にマンチェスターUのGKファン・デルサールもそうだったようにDFの裏に流れたボール、バックパスに対してフィールドプレーヤーとしてプレーをしている事です。日本人GKは大きく蹴ったり、タッチラインに逃げたりして次のプレーは相手側にボールを渡してしまう場合がありますが、前述のGK達はキック力があるから、場合によってはチャンスになるかもしれないキックも出来るだけに4年前と感想が同じだった事と日本人GKでは広島の西川周作しか出来て居ない事が残念だ。

戦術の進化によってGKに求められる事が変わってきています。だからと言ってGKに対して一番理解があるイングランドみたいに気が付いたら各国の代表GKを呼んで、プレミアリーグで活躍しているGKが自国以外のGKだけになって自国GKが育たないという皮肉な事にはなって欲しくないです。言語の問題があるから南米のGKが欧州への移籍が少ないが、南米のGKもかなりレベルが高い事は認知すべきであり、日本でもシジマール、ジルマールがJリーグで活躍したのはその証拠です。伝統的にブラジル、アルゼンチン、ウルグアイは名手を輩出しており、いつの時代か南米から世界ナンバー1GKが出てくる日も遠くはないでしょう。

テーマ : FIFAクラブワールドカップ    ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。