サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

08 | 2017/09 | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
点と線
Category: 映画   0 Comments   0 Trackbacks  

松本清張の名作「点と線」の映画を観ましたが、リメイクではなく昔の作品だから情緒があります。今ではない青森~函館間の青函連絡船が映ったり、羽田~千歳間の飛行機が3時間かかる時代だったり、新幹線がない時代だから鉄道移動にかなりの時間を費やしていました。リメイクだったら時代に合った物資や情景が浮かばないけれど、昭和30年代の作品なのでホテルより旅館、今では周囲がマンションばかりの札幌時計台ですが、ここではマンションは全く無いので、この前みた光景とはちがいますね昔の東京駅、札幌、函館が写り過去の貴重な資料としても扱える作品ですね。

東京駅の空白の4分間と言えばこれですが、よく練られた作品です。推理小説、電車トリック、女の情念が描写されていますね。初めて見たけど作品がしっかりしているから、飽きさせないです。黒澤作品ではお馴染みの志村喬が係長役で出ていますが、相変わらず渋さが際立つ素晴らしい役者です。久々に良い名作を見ました。
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画    ジャンル : 映画

コクリコ坂から
Category: 映画   2 Comments   0 Trackbacks  
主人公と名前が同じで昔の横浜を描写しているから、見に行かない訳には行かないので時期遅れですが、見に行ってきました。ジブリ作品はあまり見ていませんが、自分がイメージをしているジブリとは全然違う作品で大人というか年配も楽しめる作品に仕上がっていました。描写で一番感動したのは昔の桜木町駅ですね。小さい頃に何度も行った駅で実は誘拐されそうになった駅でもあります。母親が駅のトイレで用を足している時にトイレの前で待っていたら、知らないおじさんに声をかけられ「お菓子を買ってあげる。」と言われたので付いていこうとしたら、母親が鬼の形相で戻ってきて「私の息子に何をするんですか!」と叫び、おじさんは慌てて逃げた記憶があります。

港町(多分本牧、根岸近辺)と坂(山手・磯子辺り)が多い描写、純愛というか淡い恋心は見事に描かれていると思います。声優は賛否両論あると思いますが、個人的には楽しめたし、プロの声優だったらどうなっていたかかな?とは思う反面学生時代で設定しているから素人感があってもおかしくないし、妙にリアルな感じがしたから悪くなかったと思います。

子供が楽しむには難しいストーリーでしょうが、安易に3Dや登場人物の誰かが死んで、それを乗り越えるような安直な話ではないから個人的には好きな作品です。お涙頂戴映画ではなくうっすら涙を流すような作品です。父親の勤めていたホテルもチラッと出ましたし(笑)、良い作品だと思います。

テーマ : スタジオジブリ    ジャンル : 映画

映画三昧
Category: 映画   0 Comments   0 Trackbacks  

好きな映画は沢山あるけど、何度も見た映画はまた格別で、ストーリー性や自分が見た背景によって感じ方や受け止め方が変わってきます。特に学生時代や20代に見た映画は考え方に影響を与えたりしており、娯楽性の強い映画よりメッセージ性の映画が印象に残ったりします。なかなか映画を見よう!という気持ちになれないのは物理的にも精神的にも余裕が無いからかもしれません。ただ昨年購入したアクオス君の存在は大きく、家でテレビを見ようという気持ちにさせてくれます。

レンタル屋で3本3000円で不朽の名作が売っていたので吟味した結果欲しい作品が7本あり流石に全部購入するのは諦めましたが、時計仕掛けのオレンジ、ショーシャンクの空に、フィールドオブドリームスを買いました。一緒に現金に体を張れ、情婦、ユージュアル・サスペクツをレンタルしました。この辺りの作品はレンタルビデオ屋でバイトをしていた時に面白い映画と思ったので、それを久しぶりに見るので楽しみです。

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

板尾創路の脱獄王
Category: 映画   2 Comments   0 Trackbacks  

非常に気になっていた映画で、タレント板尾創路が監督、主演を務めた作品で板尾らしいシュールさと驚愕のラストには脱帽です。名優國村隼の最後のセリフがこの映画の面白さを引き立てました。脱獄王という言葉がピッタリで脱獄を繰り返し続ける理由が最初は解らなかったですね。この映画はシリアス、ホラー、ミステリー、ヒューマン、コメディ何でも揃っている作品なのに正直途中まで面白いと思わなかったが、ラストにやられました。ラストまで真剣に見て良かったです。改めてダウンタウン松本のスゴさを知りました。随分昔から板尾への評価が高く、彼はその才能に注目していました。今回の映画を見て既成概念を持っていたら作れない作品なだけに板尾の潜在能力が発揮されたと思います。その先見性は流石ですね。次回作にも期待をしたいですが、2作目でコケる人が多いので映画監督としての評価はまだまだ分からないです。

評価は★★★★☆(★4個)

テーマ : DVDで見た映画    ジャンル : 映画

100円祭
Category: 映画   4 Comments   0 Trackbacks  
最寄り駅にあるビデオレンタル屋が今月末まで旧作は100円、通勤の時に使う乗換え駅は250円なので、どんな作品があるがチェックをしています。安いと見たいけど金を払ってまで見ようと思わない作品を借りるようになります。例えば「情熱大陸」で米村でんじろうとさかなくんが特集されたDVD、「世界に衝撃を与えた日」のクリスマス休戦についてのDVD、お笑いDVD等家に帰ってはDVDを見ていました。

しかし一番見たかったのは「ウルトラマンタロウ」の8巻で最寄り駅、乗換え駅の店両方でレンタルされており、この世に同じタイミングでウルトラマンタロウの8巻を見たい人物が3人も居た事に驚きながらも結構悔しい気持ちがあったりしました。ウルトラマンレオは訳があって商品化されていないみたいでマグマ星人との対決を見たかったし、主演の真夏竜は高校の先輩みたいで最近は母校の出身者にウルトラマンレオが居ると言っております。何故ウルトラマンタロウが見たくなったのか考えたら経堂の飲み屋にウルトラマンタロウの中に居た人が来たみたいで、それを聞いたらいつのまにかウルトラマンタロウが頭の中を支配していました。

100円というのは人をおかしくさせますね。100円ショップやコンビニに行ったら余計な物を買ってしまったりします。確実に普段なら借りない作品やもう一度見たい名画を大量に借りて全部見れないで返却しそうです。それだったらウルトラマンタロウ全巻借りようか古畑任三郎全巻借りるか悩みは尽きない・・(違う事で迷え!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。