サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

10 | 2017/11 | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横河武蔵野FCVS藤枝MYFC
Category: サッカー観戦記   0 Comments   1 Trackbacks  

天皇杯3回戦を突破した横河武蔵野の対戦相手藤枝は日本初のネットオーナーシステムを採用し、ネットオーナーが議論や投票で戦術、運営、強化方針、人事を決める画期的なクラブです。順位は下位に沈んでいますが、監督兼選手に元日本代表DFの斉藤俊秀、元浦和の石井、元川崎の西山、元清水の石田がメンバーに入っています。

武蔵野は立ち上がり相手GKがボーとしていたからキックオフゴールを狙い、相手GKが弾きそのCKで先制点を奪い、幸先の良いスタートでしたが、藤枝の個人技に組織で太刀打ち出来ず、特にブラジルコンビに手を焼いており、彼等を抑えてもフォローに入った選手にやられてしまいました。組織的なサッカーで定評ありますが、この試合に関しては個人で打開出来ず、パスも長短織り混ぜても効果的ではなく、攻撃面は単調で工夫やアイデアなく終わりました。

立ち上がりにアマチュア以下の失点をした藤枝ですが、個人能力の高さがずば抜けておりブラジル人のアランは攻撃に変化を与え、過去にインテルからオファーがあった実績を持つケルロンは多彩なキックでチームを牽引し、このレベルでプレーをしている選手ではないですね。サッカー自体が視野が広くちょっとした事なんですが、横並びにボールを貰わず少し角度を付けたポジションにしたり、ダイレクトを多用しているから最終的には3人目の選手がフリーになっていたり、基本と応用がしっかり出来ているから編成によっては化ける可能性があります。

試合評価6・0。藤枝の秘めた可能性を感じた試合でした。MVPレッドカードは貰ったけどケルロン。ワーストは素人レベルの藤枝のGK。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Trackback Ping


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackbacks

天皇杯3回戦を突破した横河武蔵野の対戦相手藤枝は日本初のネットオーナーシステムを採用し、ネットオー

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。