FC2ブログ

サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

07 | 2018/08 | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SC相模原VSホンダロックSC
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

先週ホーム初勝利をした相模原は最下位のホンダロックと対戦しました。試合のポイントは強風をどう生かせるか?どう凌ぐか?でした。相模原が何とか凌いで2-1で勝利しました。

ホーム相模原はJFLでは個人能力が高く、ボールロストも少ないし、丁寧にボールを回せるので立ち上がりいきなり先制点を奪い、波に乗っていくと思いましたが、佐野以外は風を利用したサッカーをやらなかったのが勿体ないです。数多くチャンスを作りましたが相手キーパーの好守に阻まれ、最下位だが失点が少ないのかわ頷ける組織的な守備の前に前半は一点しか取れなかったです。後半も果敢に攻めましたが、しっかり守られてしまい逆に風を利用されてロングボールを入れられ相手に上手く渡ってしまい同点にされました。しかしその直後に勝負のポイントとなる曽我部の豪快なシュートが炸裂しました。同点にされてすぐに勝ち越したからチームが立て直せたし、そのままだったらズルズルいって逆転されていたでしょう。試合終了まで攻めこまれましたが、チームとして集中が出来ていたから何とか逃げ切る事が出来ました。

負けたホンダロックはええじゃないかを連呼しながら踊り狂う愉快なサポーターとは正反対に地味に守備をしっかりするチームでした。相模原がロングボールを入れて来なかったのは助かりましたが、ボールを奪ってからが雑な展開が目立ちました。それでもたまにボールが繋がってゴール前まで運べたりしますが、アイデア不足でフィニッシュまで持っていけない場面があり、守備がしっかりしているのだからタッチ数を少なくして攻めるか、キーパーのキック力を生かして単純にチーム全体ロングボールを多用するサッカーにした方が良かったです。中途半端にボールを繋いだりするから、ボールロストをして攻めきれずに最後まで持っていけなかったように見えました。相模原には佐野という絶対的な選手が居て、そこでチームのリズムを作ったり、攻守の切り替えをしてチームに抑揚を与えているがホンダにはそこがなかったです。守備から攻撃へのシフトチェンジが課題ですね。

試合評価6・5。スタジアムの雰囲気に一体感があり、選手の集中が増して守りきった試合でした。MVP勝負のポイントの二点目を決めた曽我部。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。