サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

05 | 2018/06 | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜FCVSヴィッセル神戸
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

首位ヴィッセル神戸は下位に低迷している横浜FCと対戦して2-1で勝利して首位の貫禄を見せました。両チーム攻守の切替が一つのポイントとなっていましたが、アタッカー陣の実力、チームとしての試合運びも神戸が一枚上手でした。神戸の選手の方が試合中コミュニケーションが取れていたし、声がしっかり出ていました。

負けた横浜は昨年のベースから上乗せしている感じはしますが、選手が変わってしまい浸透していない印象を受けました。ボールを奪ってサイドから崩すサッカーは同点ゴールの場面では決まりましたが、ボールを奪う場所が明確ではなくバイタルエリアを自由にさせすぎてしまったから守備に回る機会が多く、奪ってからしっかりボールを回したり、ゲームを組み立てればいいのですが、簡単にロングボールを蹴ってしまい結局自分たちを苦しめるような展開になっていました。神戸のポポ、マジーニョの個人技に翻弄され1失点目みたいに個人技とパスワークに付いていけず崩されたし、2失点目は相馬のセンターリングに対応出来ずマークの受け渡しも失敗したので、チーム全体の意思統一、コーチングが出来ていないから未熟な組織になっていました。

勝った神戸は清水からGK山本、新外国人マジーニョが加入、若手有望株の岩波、若手と中堅とベテランのバランスが良いし、GK~FWまで縦にしっかりした中心選手が居るのでチームバランスも良いです。攻撃はFW田代が起点になり外国人が個人技で仕掛けて田中や大屋がフォローして、相馬や奥井のサイドバックが攻撃参加するので攻撃に厚みがあるし、ボールを奪ってからの切替が早いので、しっかりシュートまで打てているから首位は納得できます。特に岩波、奥井、大屋みたいなユース上がりの若手が台頭しているから勢いがあるし、ベテラン吉田が途中出場ながら決勝ゴールを奪うなど総合力も上回っていました。これで小川、都倉、橋本、エステバン、北本が試合に出ていないから何気に神戸は強いですね。ボランチで展開力ある選手、守備力のある選手どちらかが入ればJ1昇格は出来るでしょう。ただミスパスが多かったので自滅をする可能性もあるなと思いました。

試合評価6・0。一度は横浜が追いつくも神戸の総合力を見せ付けた試合でした。MVP攻撃の中心で意外性のプレーと突破力があったポポ。MDPは2失点同サイドから崩された野上。守備での対応力に欠けました。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。