サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

05 | 2018/06 | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜F・マリノスVSヴァンフォーレ甲府
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

ゴールデンウィークが始まり日産スタジアムにも沢山の観客が詰めかけました。勝利目前の横浜F・マリノスがロスタイムに痛恨の同点ゴールを許し1ー1で引き分けました。

横浜は立ち上がり中村俊輔のフリーキックが直接入り、幸先良く先制点を奪いましたが、二点目が決められませんでした。富澤のミドルや端戸が一対一を外したり場面にだけ見ればそうなりますが、マルキーニョスの不調が気になります。攻撃の起点になれていないし、シュート場面でも決めきれていないから横浜がボールを前に運びきれず、攻撃が詰まってしまう場面がありました。守備はラスト数分までは素晴らしかったし、完全に抑えていました。特に中澤は一対一と空中戦は無類の強さを発揮し、羽生を吹っ飛ばしたり個人の強さは相変わらずでしたが、最後に足が止まってしまいました。樋口監督も察知してファビオを投入して守備固めをしましたが、最後の最後に押し込まれてしまい、勝ち点2を失ってしまいました。負けに等しい引き分けでした。

執念の引き分けに持ち込んだ甲府は立ち上がり土屋のファールは不必要だった。マルキーニョスをチェックしてファールを貰ってしまいましたが、セットプレーが得意な横浜相手にもう少しケアをすべきでした。シュートがブレたかもしれないがキーパー河田の後逸は痛かった。シュートを褒めるべきですが、触った以上は弾き出すべきだし、タイミングが合っていなかったです。横浜のプレスの前にボールを繋げずチャンスらしいチャンスを作れず厳しい展開でしたが、昨年まで横浜に在籍していたCB青山が奮闘し追加点を許さなかったのは大きかったです。横浜に疲れが見え始めたラスト数分が甲府らしいパスワークの冴えたサッカーが出来るようになり、ロスタイムに青山が押し込んで同点にしました。前線にボールが回らず甲府らしさは見えなかったが、守備が持ちこたえたから勝ちに等しい引き分けになりました。

試合評価6.0.中澤、栗原、青山、土屋という日本トップレベルのセンターバックの守備は見応えありました。MVPは同点ゴールを決め、守備でも相手をしっかり抑え古巣に強烈なお返しをした青山。MDPはちょっと不振が気になるマルキーニョス。彼の復調が横浜の運命を握っています。


テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。