FC2ブログ

サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

09 | 2018/10 | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツサッカー幕開け
Category: サッカー批評   0 Comments   0 Trackbacks  

「サッカーというのは単純な競技さ。22人の男たちが、90分間、ボールの後を追いかけ回す。そして、最後にドイツ人が勝つんだ。」1990年、イタリアで開催されたサッカーW杯の準決勝。1対1の激戦の末、PKで西ドイツに屈したイギリスのエースストライカーだった、ゲリー・リネカーの敗者の弁だ。天才ヨハン・クライフは「美しく負けることを恥と思うな。ブザマに勝つことを恥と思え。」イタリアやドイツサッカーに対して自論を展開したコメントだ。ドイツの皇帝ベッケンバウアーは「強い者が勝つのではない、勝った者が強いのだ。」いかにもドイツ人らしいコメントを残しています。今回の欧州CL決勝はドルトムントvsバイエルン・ミュウヘンというドイツのクラブチーム同士の決勝になりました。

ドイツのクラブチームが決勝に残ったという事は日本人選手が近いうち欧州CL決勝に出場する日も近いかもしれませんね。俺の世代は三菱ダイヤモンドサッカーの影響でサッカー=西ドイツでしたが、Jリーグ開幕してからはイタリアのセリエA被れが出てきて、CSの発達によりプレミアリーグ、実力含めてスペインが台頭してきたのでリーガエスパニョーラという流れになったので、ドイツが注目されるのは何か久しぶりのような気がします。トヨタカップでバイエルンが来日した時はGkカーン、MFエッフェンベルグというドイツ代表選手がいたが、今はリベリー、ロッベンという攻撃的なアタッカーが居るので昔みたいなどんくさいサッカーから洗練されたサッカーに変わってきた。この対戦は今後の欧州サッカーが新たに変わっていく試合になるのかもしれない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。