サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

08 | 2017/09 | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC東京VSジュビロ磐田
Category: サッカー観戦記   2 Comments   0 Trackbacks  

森下監督が辞任した磐田は、勝利への執念を見せましたがロスタイムに痛恨の同点ゴールを許してしまい、勝利を飾ることが出来なかったです。東京のポポヴィッチ監督の采配が光ったゲームでした。

東京は前半に2失点を喫してしまい、苦しい展開を強いられましたがルーカスや渡邉みたいな総合的に能力の高い選手ではなく、スピードの石川、高さのある平山、動き出しの早い李という特徴ある選手を入れて後半平山の個人技から石川、終了間際に李という交代の3名が同点に絡む活躍をしました。ポポヴィッチ監督の判断力、試合を通じて不足している点を洗い出す能力はピカイチです。攻撃に関しては両サイドをワイドに使い、ロングパスを多用していましたが磐田の守備網に引っ掛かり崩すチャンスがなく、後半は米本と高橋のバランスが悪くてバイタルエリアを磐田に占領されたり、磐田のプレスに苦しみリズムが掴めなかったから、苦しい展開でした。石川のスピードが活かせれてから段々リズムが出てきたので、終盤追い上げる予感を感じました。守備面では駒野や山田の対処に苦しみましたが、前田や金園のFWに対してはしっかり対処できていたので中盤の守備の悪さが露呈しました。先程述べた通り、ボランチでボール奪取が出来ず、東やルーカスが守備に対して貢献できていなかったのでそこが2失点した要因だと思います。サポーター、ファンの後押しがあったのも事実でラスト20分の迫力ある攻撃は見事でした。

勝てなかった磐田は後半途中まで危なげない展開で伊野波を中心に守備はまとまっていたし、攻撃も山田を中心にボールを回せていました。選手からも勝ちたいという雰囲気が伝わったし、スライデイングブロックをしている場面が何度もあり体を張った守備、GK川口も絶えずコーチングをして盛り上げており、前線からのプレスもはまりましたが、後半途中から運動量が落ちて東京の交代選手に掻き回されてしまい、ロスタイムも逃げ切れず無念の引き分けで終わってしまいました。内容が悪くないのに引き分けてしまったのは前田、金園の動きや呼吸が合っておらず前田のポストプレーを誰も活かせず、前田は孤立してしまっておりフォローが圧倒的に少ないです。前田に至ってはシュートが全く打てず波に乗れていない状況でした。ラスト10分を切ってから前田はボールキープしているのに、山本は攻め込んだりチームとしての意識がバラバラで逃げ切るのか最後までゴールを狙うのかはっきりしていなかったです。それでも勝てばまた変わるのでしょうけど、勝てていないチームがリードして最後をどうするのかは永遠の課題ですが、安定さを失っているチームが最後をどうするかによって勝ち点3か1になるわけだし、この引き分けはダメージの残る引き分けだと思います。

試合評価7.0。磐田の勝ちたい執念、東京の引き分けたい執念共に見事でした。MVPは先制点のヘッド、体を張った守備、気迫伝わるプレーをした伊野波。MDPは前線で孤立をしてしまい攻撃を低下させてしまい、プレーにもキレが感じられなかった前田。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Comments

いたのかっ!
うちらも西町サッカー場で練習試合してたよ~
今度時間があったら顔出してね
ブログはいつも楽しくみてるよ。
こんど時間があったら、Jリーグでも見に行こうよ
俺のメールは変わってないのでメール下さい。
来週辺りめしでもどうかな
ではー
Re: いたのかっ!
目と鼻の先だね。混んでいたからギリギリに着てとっと帰ってしまったよ。

貴方の職場と私の家が近いからチーム相模原で集まりますか。

鹿にも連絡しときます。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。