FC2ブログ

サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

09 | 2018/10 | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC東京VS清水エスパルス
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間清水GK林はその場に崩れ落ち、なかなか立ち上がれなかった。それもそのはずで先制点はシュートを後逸してしまい自分の股間を抜けて入り、2失点目はパンチングしたボールが相手に当たって入る不運な失点をしてしまい0-2でまけてしまったからです。責任を感じており、サポーターに深々とお辞儀をしていた時にゴールを決めた東京の高橋がインタビューをされていました。本人はボテボテのシュートだったと言った後に「入れという強い気持ちと皆さんの気持ちが乗り移った。」みたいな事を言っていたのが素晴らしかった。林を気遣いミスに触れない大人のコメントは見事でした。

勝った東京は危なげない勝利ではあったが、良いサッカーが出来なかった理由に東が機能しなかった事が挙げられます。キックは精度が低くて味方とのパスが合わなかったり、走り込むべきスペースに遅れて入ったり、ボールコントロールも悪いので、攻撃を停滞させてしまいました。米本と高橋のボランチが機能していたので、二人がボールを奪ってからの展開力があったから両サイドにボールが入り、前の動きを活性させました。ゴールは2点ともラッキーではありましたが、崩せない時はミドルシュート、ゴール前へクロスを入れるのはセオリーなので、ラッキーな部分を引き寄せた事はしていました。守備は森重とチャンのセンターが安定しており、森重の読みを生かしたブロックとクリアは清水の攻撃を寸断させたファインプレーでした。センターとボランチが効いていたので守備から良いリズムが生まれた試合でした。

負けた清水は確かにバレーは迫力があるし、東京DF陣も脅威に感じたでしょうが、伊藤や石毛がそれに続けず交代して入った瀬沼とバレーが組んでから形は出来ました。前線に良いボールが入らないと苦しい展開になり、中盤でゲームを組み立てることもなければ、東京みたいにミドルシュートを打つわけでもない、クロスを入れても際どいボールが入らないから工夫のない攻撃が続きました。守備はブロックを形成して東京の攻撃に対して守れており、平岡のカバーリングが効いていて東京の東を封じ込めて、スペースのカバーも出来ていたから守備は良かったです。ただ冒頭で述べたように林のトンネルが全てでした。平岡の股も抜かれブラインドになっていたのは同情するが、シュートを打たれる前の林は腰が高く重心が下に向いていなかったから、トンネルをしてしまったので、シュートに対して的確な構えをしていなかったのが失敗です。2失点目も厳しく言えば高い位置でパンチングをしていれば問題はなかったが、パンチングをした位置が低かったからルーカスに当たる不運なプレーになってしまいました。清水はボールが落ちつかないので、緩急がないサッカーをやっており、能力の高い若い選手が多いけど、走りきれていないし、それを活かしていないですね。

試合評価5・5。セオリー通りのサッカーをした東京が勝ったのは当然でした。MVPボール奪取能力とその後の展開力で攻守のキーマンである米本。若い頃の稲本を彷彿させるプレーでした。MDPは何度も書いてますが林。気の毒ですが失点は言い訳出来ないです。


テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。