サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

05 | 2018/06 | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァンフォーレ甲府VS浦和レッズ
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

お客さんが甲府のスポンサーなので、チケットを貰って職場の仲間五人と観に行きました。甲府は城福監督が不在でしたが、ベテランの伊東を起用してチーム力の差を埋めましたが、最後は力負けして残念ながら0-1で敗れました。

負けた甲府は粘り強く守り浦和にチャンスを作らせず、チーム全体で守り特に土屋、青山の両センターバックが原口や興梠に対応をしていましたが、クリアをするのが精一杯で守備から攻撃へのシフトがスムーズではないから、ゲームを組み立てる事も出来ず後半に何回かカウンター攻撃がありましたが、個人で打開を出来る選手が居ないから、ボールのタッチが増えてしまい、直線的なプレーが少ないから浦和が陣形を整えしっかり守られてしまいました。本来はボールを繋いで崩したいのでしょうが現実はカウンター攻撃が効果的だったから理想と現実の狭間に苦しんだ試合だと思います。

浦和は最初相手にしっかり守られてしまいましたが、原口のドリブルや梅崎のクロスを何度もチャレンジした結果がゴールに結びついたと思います。最終ラインで阿部、中盤で柏木がゲームを組み立てられるからチャレンジ出来ています。先制点を奪ってから試合を決定づけるゴールを決められなかったから、手放しで称賛は出来ませんが、攻守のバランスと先手の選手交代が効果的でした。浦和の場合は選手交代をしても下手したら先発以上の実力者が居るから、疲れた時間帯でのマルシオ、宇賀神は相手にすればキツいですね。阿部と最終ラインの関係性が良いから、守備が数的不利になっても柏木を下げさせるなど高度な戦術を理解して守れていました。

試合評価6・0。甲府の粘りは見事だったが、浦和の実力がそれを上回りました。MVP攻守に活躍した那須。MDP攻撃の核になれなかった平本。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。