サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

10 | 2017/11 | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜F・マリノスVS浦和レッズ
Category: サッカー観戦記   1 Comments   0 Trackbacks  

上位対決は横浜が完勝に近い内容で浦和相手に3ー0で勝ちました。

横浜は守備をベースにボールを奪ったらサイドを突いたり、激しいチャージングで相手のミスを誘い中村俊輔とマルキーニョスの高い個人技で仕掛けたので効果的な攻撃ができました。ボールを奪ったらサイドバッグ、二列目が動き出しているので、トップスピードでボールを貰えているから相手より早く判断が出来るので、連動したサッカーをしていました。走力もあるし対人プレーで勝っているから個人とチーム力がバランス良く融合したサッカーをしました。守備でも浦和の単調な攻撃に対人プレーで負けることもなく、GK榎本のファインセーブもあり無失点で切り抜け、大人のサッカーが漂う独自なサッカーを展開しました。

浦和はボールポセッションをしていても厚みのある攻撃が出来ておらず、仕掛ける部分も少ないため足元ばかりのパスばかりになり、効果的な攻撃が極端に少なかったです。ボールを持っていても横浜の早いプレスにボールを失ったり、パスミスをしたり良いサッカーをしようという気持ちは伝わるけど、それ以外は何もないですね。守備は対人プレーに弱く、サイドの裏をガンガン取られてしまい、一対一の場面で競り負けており巧者の横浜に翻弄されました。組織的にも緩慢なプレーが目立ち、ペトロヴィッチ監督の限界が見えました。良い監督だけど勝てる監督ではないなと思いました。先制点を許した直後に2失点目が入ったので、そこでの修正力の無さと2失点目がこの試合のポイントだったと思います。

試合評価6.5F・マリノスの大人のサッカーは今後日本サッカーの一つの方向性となるでしょう。MVP中村俊輔。今の彼なら代表でもいける。MDP那須1失点目のミス、2失点目のポジショニングの悪さは顕著。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。