サッカー観戦歴28年のGKマニアです。国内を中心にサッカー観戦記や批評をしています。

08 | 2017/09 | 10
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小魔王

Author:小魔王
サッカー、城ブログです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァンフォーレ甲府VS浦和レッズ
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

お客さんが甲府のスポンサーなので、チケットを貰って職場の仲間五人と観に行きました。甲府は城福監督が不在でしたが、ベテランの伊東を起用してチーム力の差を埋めましたが、最後は力負けして残念ながら0-1で敗れました。

負けた甲府は粘り強く守り浦和にチャンスを作らせず、チーム全体で守り特に土屋、青山の両センターバックが原口や興梠に対応をしていましたが、クリアをするのが精一杯で守備から攻撃へのシフトがスムーズではないから、ゲームを組み立てる事も出来ず後半に何回かカウンター攻撃がありましたが、個人で打開を出来る選手が居ないから、ボールのタッチが増えてしまい、直線的なプレーが少ないから浦和が陣形を整えしっかり守られてしまいました。本来はボールを繋いで崩したいのでしょうが現実はカウンター攻撃が効果的だったから理想と現実の狭間に苦しんだ試合だと思います。

浦和は最初相手にしっかり守られてしまいましたが、原口のドリブルや梅崎のクロスを何度もチャレンジした結果がゴールに結びついたと思います。最終ラインで阿部、中盤で柏木がゲームを組み立てられるからチャレンジ出来ています。先制点を奪ってから試合を決定づけるゴールを決められなかったから、手放しで称賛は出来ませんが、攻守のバランスと先手の選手交代が効果的でした。浦和の場合は選手交代をしても下手したら先発以上の実力者が居るから、疲れた時間帯でのマルシオ、宇賀神は相手にすればキツいですね。阿部と最終ラインの関係性が良いから、守備が数的不利になっても柏木を下げさせるなど高度な戦術を理解して守れていました。

試合評価6・0。甲府の粘りは見事だったが、浦和の実力がそれを上回りました。MVP攻守に活躍した那須。MDP攻撃の核になれなかった平本。

テーマ : Jリーグ    ジャンル : スポーツ

引き合わせる力
Category: ファンタジーな日常   0 Comments   0 Trackbacks  

SC相模原の試合を一緒に元会社の先輩と行きました。先輩とも久しぶりに再会しましたが、私が相模原の試合を行くきっかけを作ってくれた人は定年退職を迎えられ、定年前から「60歳を過ぎたら小魔王君みたいに全国サッカー巡りをするんだ!」とよく話しました。その方は本当に全国を行きまくっており、相模原1年目から応援しているので、その方の影響もあって私も観にいくようになりました。その先輩と相模原サポーターの方は以前一緒に仕事をしており、引き合わせようと思っていたので先輩を誘いました。多分二人が対面したのは10年は経っていないが、相当久しぶりで互いに世話になったねという会話をしていました。

サッカーが引き合わせる力は凄いなと思っていたら5年振りぐらいにサッカー雑誌の記者と会いました。一緒にフットサル大会に出て優勝したり、横浜Fマリノスの選手をインタビューするのに父親に頼んでホテルを借りたり、何かと縁がある人なんですが、まさかJFLのリーグ戦で会うとはと思い、向こうも「小魔王さん!何してるんですか!!」と聞いてきて、彼はSC相模原の取材のために来ていました。私は相模原サポーターの方を呼んで、取材を受けて貰い、相模原のおかげでこの二人が久しぶりに会うことが出来たという話もしました。サッカーのおかげでこういう繋がりが出来て、自分の人生を豊かにしてくれているなと思ったら、サッカー好きで良かったな、相模原の試合を観に来て良かったなと思いました。久しぶりに清清しい気持ちで競技場を後にしました。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

行って良かった城
Category: 日本各地   0 Comments   0 Trackbacks  

たまたま見ていたらこんなランキングがありました。今まで50~60の城へ行きましたが、まだ行ってない場所があります。沖縄に至っては沖縄にすら行ったことがないので、沖縄の城については何も語れませんが、個人的には丸岡城(福井県)、丸亀城(香川県)は入れて欲しかったですね。

【行ってよかった日本の城 Top20】

1 熊本城(熊本県/熊本市)
2 犬山城(愛知県/犬山市)
3 松江城(島根県/松江市)
4 松本城(長野県/松本市)
5 竹田城跡(兵庫県/朝来市)
6 松山城(愛媛県/松山市)
7 二条城(京都府/京都市)
8 高遠城(高遠城址公園) (長野県/伊那市)
9 勝連城跡(沖縄県/うるま市)
10 弘前城(青森県/弘前市)
11 姫路城(兵庫県/姫路市)
12 福岡城跡(福岡県/福岡市)
13 中城城跡(沖縄県/北中城村)
14 五稜郭(五稜郭公園)(北海道/函館市)
15 高知城(高知県/高知市)
16 上田城(長野県/上田市)
17 江戸城(皇居東御苑) (東京都/千代田区)
18 彦根城(滋賀県/彦根市)
19 会津若松城(鶴ヶ城) (福島県/会津若松市)
20 掛川城(静岡県/掛川市)

テーマ : 城めぐり    ジャンル : 旅行

SC相模原VSカマタマーレ讃岐
Category: サッカー観戦記   0 Comments   0 Trackbacks  

首位を走る讃岐を迎え相模原の真価が問われる一戦は残念ながら組織だった讃岐に0-1で敗れました。相模原はポセッションを高めてボール保持をしながら技術で相手を崩すチームだり、対戦相手の讃岐は前線の木島のスピード、西野のキープ力、外人選手のフィジカルプレー、右サイドバックの駆け上がりを中心に攻め、その特徴を生かすためロングボールとセカンドボールをどれだけ拾うかがポイントのチームなので真逆な対照的な戦いでした。

ただ讃岐は堅い守備をベースに攻撃を組み立てており、相模原はボール回しをするも、ミスパスを狙われるなど苦しい展開でした。後半ビックチャンスを掴むも決めきれず、相模原に退場者が出た直後のセットプレーで決められてしまい0-1で負けました。チャンスを掴んで決められなかった相模原、味方の決定的なミスも救い最後に交代選手が決めた讃岐では組織的な部分での差を感じました。後半共に運動量が落ちていく中で後半ラスト10分をどうするかがJFLの戦いの焦点となるでしょう。

試合評価6・0。JFL上位チームとあって引き締まった試合でした。MVP何度も裏を取り、先制点に繋いだプレーをした木島。MDPレッドカードを貰い、そのプレーがゴールに結びついた枡田。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

名古屋行脚
Category: 家族・友人   0 Comments   0 Trackbacks  

異動した後輩の結婚式の参列をするため、名古屋まで行って来ました。思いっきり主賓席で自分以外は社内でも他部門の上の役職者ばかりで、ただ気を使って終わってしまい、今までなら何か面白いことでもしようかと思っていましたが、社内の結婚式なんで主役ともあまり話せず、おとなしくしていました。若手は二次会に流れ、微妙な年齢の俺と上司は呼ばれず二人で錦や栄を歩いてホテルに向かいました。

夜になり昔の相模原メンバーが合流して積もる話がありすぎて、ひたすら皆で話をしていました。終電で帰ろうとしていた上司を見事に言いくるめて帰らせないようにして結局上司も同じホテルに宿泊となり、旧交を温めました。最後に行ったラーメン屋で見事に携帯を忘れて、名古屋メンバーと別れた後に気付き、名古屋メンバーが取りに行ってくれたというオチがありますが、昔一緒に働いた仲間っていいですね。徹夜でウノをしたり、サウナで全裸プロレスをしたこと、月曜から飲みに行って翌日グロッキーで機能しなかった話、全てが懐かしかったです。今回あんかけパスタは試さなかったけど、名古屋はすぐに行けるからまた行くかな。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。